QLOOKアクセス解析
ホーム > 製品情報 > ナノ材料 > 炭化チタン/酸化チタンナノチューブ

炭化チタン/酸化チタンナノチューブ

TiC/TiO2 Nanotubes ナノカーボンからナノセラミックス(チタニアなど)に変身


TiC-LLCNT-3.BMP

 テンプレートのカーボンナノ材料を経由して、セラミックスナノ材料を合成する技術です。
ナノカー ボンにチタンを大量にドープしてチタンカーバイド合金にすることがで、得られたTiCはナノカーボンとほぼ同じ形状を有し ます。TiCは導電性の高いセラミックス材料の一つであり、さらにTiCを燃やすと、二酸化チタンTiO2になります。この場合も、元の形が ほぼ維持されますので、ナノ酸化チタンが作製されます。 垂直配向CNTを用いて、垂直配向酸化チタンナノチューブが作製できます。

               TiC-配向CNT-1.BMP
  • ・カーボンナノチューブやカーボンナノファイバーをテンプレートにすると、
      炭化チタン、酸化チタンナノファイバーが合成されます。
  • ・カーボンマイクロコイルをテンプレートにすると、炭化チタン、酸化チタンマイクロコイルが合成されます。
  • ・カーボンブラックのようなカーボンナノ粒子をテンプレートにすると、
      炭化チタン、酸化チタンナノ粒子が合成されます。
CMC
TiCマイクロコイル
CMC
TiCナノファイバー
CMC
TiO2マイクロコイル
CMC
TiO2ナノファイバー