QLOOKアクセス解析
ホーム > 技術情報 > ナノ博物館 > バイオマス・廃棄物とナノカーボン > 木質バイオマスからナノカーボンを

木質バイオマスからナノカーボンを

 杉間伐材などの廃棄木質バイオマスを加熱分解すると、炭化されるとともにCOやCH4など炭素を含む可燃性のガスが 生成される。このような木ガスを触媒と接触反応させると、CNTを含むナノカーボンを生成することができる。 高付加価値の材料が得られるだけでなく、CO2の排出量も同時に削減することができ、一石二鳥。

杉の木ガスから生成されたナノカーボン;なぜか接合部が木の小枝に似る。

杉の木ガスから生成されたナノカーボン;なぜか木の根っこの形状に似る。