QLOOKアクセス解析
ホーム > サービス情報 > 成膜/表面処理/加工サービス > 硫硝酸還流による官能基付与

硫硝酸還流による官能基付与

硫硝酸還流による官能基付与

カーボンナノチューブを含む各種カーボン材料を硫酸と硝酸の混合液の中で熱還流処理すると、カーボン 材料の表面に官能基(カルボキシル基など)や欠陥部位が形成されることが知られています。これら官能基や欠陥部位が 材料の親水性、樹脂との親和性などに大きく寄与します。カーボン材料を溶媒にうまく分散させたりするためには、この 処理が有効な手段の一つです。

官能基付与

左側:エタノール液に分散した未処理のCNTで、すぐに沈殿してしまう。
右側:硫酸と硝酸の混合液で熱還流処理して官能基を付与したCNTで沈殿が遅い。

 関連商品