QLOOKアクセス解析
ホーム > 製品情報 > 成膜装置 > 多目的雰囲気熱処理装置

多目的雰囲気熱処理装置

MPTH-Multi

価格: お問合せ
MPTH-Multi

※実際の商品は写真と一部異なる場合があります。

目 的: 真空加熱、不活性雰囲気加熱、酸化、窒化などの熱処理を簡単にできる小型実験装置です。
特 徴:
  • ・開閉型炉とφ30㎜の炉心管とを使用、冷却速度が速い
  • ・通常のボックス型真空炉より真空度が高い
  • ・バルブ操作が簡単

 真空炉や不活性雰囲気炉として、ボックス型の炉が多く見られます。しかし、ボックス型の真空炉は、 実は真空がよくない場合が多い。それは、シールすべき扉の枠が大きく、平面度も均一ではないため、リークが生じます。 ポンプの力で到達真空度をよくしても、リークがある以上、酸素が常に混入されます。

 管状炉を用いれば、シール面積が炉心管の直径程度なので、密封度が高く、リークが非常に少ない。わずかな酸素を嫌 う熱処理に適します。

窒化チタン

窒化チタン

主な仕様

基本構成 管状炉 常用使用温度 400~1000℃
温度制御 1ゾーン プログラム付温度調節計
外形寸法 W300㎜×H200㎜×D186㎜
電気容量 500W
炉心管 材質 石英
サイズ OD30㎜×ID26㎜×L750㎜
ガス制御 面積式流量計
導入ガス種 キャリアガス:N2 or Ar
真空計 ブルドン管真空計
排気ポンプ ロータリーポンプ
外形寸法 W156㎜×H200㎜×D300㎜
外形寸法 W900㎜×H700㎜×D500㎜