QLOOKアクセス解析
ホーム > 製品情報 > CVD合成装置 > ナノカーボン複合材料CVD合成装置

ナノカーボン複合材料CVD合成装置

MPCVD-Composite  新規複合材の研究開発に

--- 価格:お問合せ
MPCVD-Composite

※実際の商品は外観図と一部異なる場合があります。

目 的: 粉末材料にナノカーボンを直接分散成長させるための管状炉タイプのCVD合成装置です。
特 徴:
  • ・各種粉末母材(高分子材を除く)にナノカーボンを直接分散成長させることが可能
  • ・試料ボートのフィード機構により、試料の連続供給/連続回収が可能
  • ・3ゾーン温度制御ヒーターの大口径(120mmφ)石英管状炉を使用

 金属材料、セラミックス材料、あるいは活物質材料にCNTを添加し、付加機能の付いたCNT複合材料を創生 する研究開発が盛んに行われています。導電性や熱伝導性などの物性を高めることが主目的です。現状では、粉末状あるいは ペースト状のCNTを単純に母材に添加して、分散させる方法が採用されています。CNTと母材との相性によって、均一に分散す ることが難しい場合が生じます。

 本装置では、母材粒子間にナノカーボンを直接分散成長させることにより、高い分散性を実現することがで きます。カーボンナノチューブ、カーボンナノファイバー、カーボンマイクロコイル、カーボン膜、グラフェン膜など、目的 に合わせ各種ナノカーボン複合材料を作製することができます。

主な仕様

基本構成 管状炉 常用使用温度 400~1100℃
適応チューブ外径 ~120㎜φ
温度制御 3ゾーン プログラム付温度調節計
外形寸法 W940㎜×H810㎜×D510㎜
ブレーカー容量 AC200V 30A 3相
炉心管 材質 石英
サイズ OD120㎜×L1400㎜
ガス制御 マスフローコントローラ
導入ガス種 キャリアガス:N2 or Ar
還元ガス:H2
炭化水素ガス:C2H2 or C2H4 or CH4
外形寸法(ボックス) W250㎜×H310㎜×D450㎜
真空計 ブルドン管真空計
排気ポンプ ロータリーポンプ
母材連続供給ユニット
複合材料連続回収ユニット