QLOOKアクセス解析
ホーム > 技術情報 > ナノ博物館 > カーボンナノチューブ > 細いCNTは束になりやすい

細いCNTは束になりやすい

 粉末状の触媒や流動層の触媒法を用いれば、粉末状CNTを大量に合成することができる。 触媒条件を選択すれば、CNTの太さを大まかに制御することもできる。 As-grownのCNTを観察してきた経緯によれば、細いCNTは束(バンドル)の状態で存在しやすく、 太いCNTはバンドル化しにくいようだ。

凝集体状CNT(太さ~20nm)

束状CNT(太さ~5nm)